異変を感じたら気軽に相談してみることがポイント

サイトメニュー

期間が大事

男女 意欲がわかないことは誰にでもありますが、2週間続いている状態であれば「うつ病」などを疑ってみる必要があります。専門クリニックではカウンセリングからアドバイスをしてもらえますし、眠れない場合には睡眠薬を処方してくれるので眠れるようになります。

詳しく見る

やる気がないとき

女性 意欲がわかない場合は、うつ病になっている可能性があるため心療内科や精神科に行く準備をしておく必要があります。意欲がわかない時には、会社などを長期的に休んでしまうことがあります。この時、障害年金や傷病手当金をもらうことも可能です。

詳しく見る

早期治療で社会復帰しよう

女性たち ストレス社会で生活していると、うつ病などの心の病にかかることがあります。意欲がわかないなどの症状が続いたら、できるだけ早く専門医による治療を受けましょう。薬物療法や心理療法による治療を受ければ、早期に社会復帰することも可能です。

詳しく見る

気持ちが不安定になる病気

診察 仕事などに対して意欲がわかない状態が続く場合は、精神的な問題をどのように解決するか考えなければいけません。心の病はクリニックを利用すれば改善しやすく、医師にもらった薬を利用していれば良い状態に変えられます。

詳しく見る

複数に相談しても良い

男性

カウンセリングの流れとは

怪我や病気といった肉体的な症状はクリニックに行き治療をするのは当然のことであり、症状も本人はもちろん周りから見てもわかります。しかし近年増えている精神的な病に関しては、目に見えるものではないので周囲に気づいてもらいにくかったり本人も自覚症状はないというケースも珍しくはありません。心の病はクリニックでカウンセリングを受けることが必要となりますが、利用するべきかで悩んだときには自分の心の声を聞くべきです。食欲や意欲がわかないという症状や、幸せを感じにくいというのは心の病の始まりであり無視してはならない症状となっています。クリニックに行きカウンセリングを受けるとなれば、ハードルが高いと考えてしまいがちですが今の時代では心の病に陥る人はかなり多く、珍しいことではありません。意欲がわかないなどで悩んだ際にはまず相談に行ってみるべきですが、面談が難しいとなれば電話やメールで相談できる先を探すようにしましょう。電話やメールは好きなタイミングで相談することができ、面談はハードルが高いという人にもぴったりです。料金も無料で気軽だったり、相談しても無理に治療を勧められるということもありません。資格を持った専門家が対応してくれることで、心の負担も少し軽減させることができます。

人により心の病の重度には違いがありますが、怪我や病気など肉体的なものとは違い目に見えるものではなく軽視してしまいがちです。しかし心の病は放置して悪化してしまうとなかなか治らなくなり、症状が悪くなって行く一方というケースも珍しくありません。そうならないためには一人で悩まずに、クリニックに相談しカウンセリングを受けるようにしましょう。意欲がわかないという症状がみられた際には危険ということは確かであり、相談してみるべきと言えます。相談先は豊富に存在しており、もちろん相談先により対応してくれる人には違いがあるので一つの相談先でイマイチだったからといって諦めないようにしましょう。どんな場合でもまずは相談してカウンセリングを受けることになりますが、直接足を運ぶことが難しいという場合には電話やメールで相談できるのかを確かめてみるべきです。基本的には電話やメールから相談を始めることができるケースが大半であり、無理にクリニックに来ることを勧められるということもありません。食欲や意欲がわかないという症状を始めとし、自分の体調はもちろん心の声にも耳を傾けておくことでいざクリニックに相談した時にも、スムーズにカウンセリングを行ってもらうことができます。