異変を感じたら気軽に相談してみることがポイント

サイトメニュー

やる気がないとき

女性

準備や気をつけることを知る

人間は、だれでも意欲がわかない時があります。人には必ずモチベーションがありますので、欲がない時に何かを無理して行ってもよい結果が出ない可能性が高いです。しかも、やらなければならないことが多いほど、意欲がわからない可能性が高まります。逆に、趣味などのように楽しくやっている場合には意欲がわかないことはめったにないでしょう。つまり、仕事を行う場合意欲がわかないことが多くなる傾向があるはずです。短期的にやる気が起きない場合や意欲がわかない場合などはそこまで心配する必要はありませんが、1か月ほど全く意欲がわかないようなときにはうつ病になっている可能性も否定できません。うつ病になってしまった場合には、自分で直すことは非常に難しいです。そのため、心療内科や精神科に依頼することが必要です。準備として知っておきたいことは、どちらに訪れたらよいかということでしょう。心療内科に訪れる場合には、何らかの外的な症状が出てしまっている場合です。例えば発熱した場合などは外的な症状が出ている状態ですので心療内科に行きましょう。これに対して、特に見た目の変化はないもののどことなく気分が悪い場合や、やる気が起きず気分が暗くなっている場合は精神科に行くと良いです。

意欲がわかない場合に気をつけることは、行けなくなった場合です。会社に長期的に学生の場合は、単位を取得できなくなる可能性がありますが、この場合には休学の手続きを踏むとよいでしょう。これにより、単位の心配はなくなります。その一方で、会社員の場合には意欲がわかない場合長期的に仕事を休んでしまうことが命取りになることも少なくありません。なぜかといえば、収入がほとんど入ってこなくなるからです。また、無理して仕事に行ってもけがなどをすることや大きなミスにつながりかねないため、早い段階で治療することが必要になります。それと同時に、傷病手当金や障害年金がもらえる可能性もありますのでその両方を検討してみると良いです。障害年金の方はもらうのが難しいですが、長期的に休まなくても申請に通る可能性があります。ただ、個人で申請するのは非常にむずかしいことから社会保険労務士や弁護士などで障害年金に詳しい人に相談をして申請してもらわなければいけません。一方で、傷病手当金の場合には、国に申請するわけではなく会社に申請するものになります。この場合には、健康保険組合に入っていることや連続して何日も休んでいることが必要になります。これらの条件さえ満たされれば、申請して通らないことはそれほどありません。